住宅ローン
親子リレー返済ガイド

親子リレー返済のメリット

年をとってからマイホームを購入するのは、色々とハードルが高いことばかりですよね。 ローンを借りても返済期間は短くなるし、それにいつまでも健康とは限りませんから・・。

でも親子リレー返済という返済方法なら、返済期間にも無理がなく、しかも自分の子どもと一緒に返済できるので、自分に何かあっても安心ですね。

親子リレー返済は70歳以上の人でも申し込めるということなので、年をとってきた両親と一緒に同居したいと思っているなら、親子リレー返済がいいんじゃないかな。 親子リレー返済のメリットは、親子や夫婦など、同居する家族と一緒に共同でローンを負担できることと、申し込み者が年金収入であっても家が買えること、赤下線 連帯債務者と申し込み者で年齢の若い方に合わせてローンを組めることでしょう。 一馬力で家を買うのは難しいという若い世代の夫婦でも、親子リレー返済を利用して親と同居すれば、ローンの負担が少なくてすみますね。

今、実際に親と同居している家は、こういった返済方式をとっているところがほとんどじゃないかな・・。 親にしても、自分たちの収入だけでは難しいような二世帯住宅を、二馬力で息子夫婦や娘夫婦と共同して買うなら、なんとかなりますからね。 年をとってくると何かと不安が大きくなってくるものだし、子どもが近所で住んでくれたり、同居してくれることを望む親って多いんじゃないかな。 二世帯住宅なら、同居といってもそう支障はないし、お互いに赤下線 プライバシーを守りながら暮らせるので、メリットの方が大きそうですよね。

それに、親子リレー返済でローンを返していけば、親子の絆というか、関係もいっそう深まっていきそうな気もするなあ・・。 お互いに必要な存在となり、より一層思いやりをもって接することができるんじゃないかな。 とはいえ、親子ってなかなか難しい関係だから、そこまで思い合えるかどうかなんて分かりませんけどね。 ただ家を購入するっていうのは、そう簡単なことではないし、やっぱ協力しあって購入する方が、お互いに不安がなくてメリットも大きいんじゃないでしょうか。

親の方は子どもに合わせた年齢でローンが組めるから、それほど負担のない支払いができるっていうのもありがたいんじゃないかな。 同居って色々と問題も多いかもしれないけど、経済面や、子どもができた時のことを考えると、メリットの方が大きくなるんでしょうね。

親にとっても子どもや孫と同居できるっていうのは、すごく赤下線 シアワセなことだと思いますから・・。


とりあえず住宅ローンの無料相談を受けたいなら


本当に親子リレーする方が良い?この住宅ローンで本当に良いの?などの疑問や不安がある方は、とりあえずファイナルプランナーに無料相談してみませんか?銀行に縛られず公平な立場から、住宅ローンの相談に乗ってくれます!


【サイト引用】
“住宅ローンは是非とも見直しを検討して欲しい項目の一つ。
正直、見直しをす るだけで500万円、800万円といった実質負担額が軽減される事も少なくありません。
勿論ケースバイケースではありますが、それだけ住宅ローン見直しというのは、大きな意味を持っている項目なのです。”

 

親子リレー返済できる住宅ローン

楽天銀行フラット35楽天銀行フラット35
  • フラット35で最低水準の金利と融資事務手数料
  • 親子リレー返済で住宅ローンの引き継ぎ可能
  • 保証料・繰り上げ返済手数料0円

www.rakuten-bank.co.jp


Copyright (C) 住宅ローン 親子リレー返済ガイド All Rights Reserved