住宅ローン
親子リレー返済ガイド

親子リレー返済のメリット

年をとってからマイホームを購入するのは、色々とハードルが高いことばかりですよね。 ローンを借りても返済期間は短くなるし、それにいつまでも健康とは限りませんから・・。

でも親子リレー返済という返済方法なら、返済期間にも無理がなく、しかも自分の子どもと一緒に返済できるので、自分に何かあっても安心ですね。

親子リレー返済は70歳以上の人でも申し込めるということなので、年をとってきた両親と一緒に同居したいと思っているなら、親子リレー返済がいいんじゃないかな。 親子リレー返済のメリットは、親子や夫婦など、同居する家族と一緒に共同でローンを負担できることと、申し込み者が年金収入であっても家が買えること、赤下線 連帯債務者と申し込み者で年齢の若い方に合わせてローンを組めることでしょう。 一馬力で家を買うのは難しいという若い世代の夫婦でも、親子リレー返済を利用して親と同居すれば、ローンの負担が少なくてすみますね。

今、実際に親と同居している家は、こういった返済方式をとっているところがほとんどじゃないかな・・。 親にしても、自分たちの収入だけでは難しいような二世帯住宅を、二馬力で息子夫婦や娘夫婦と共同して買うなら、なんとかなりますからね。 年をとってくると何かと不安が大きくなってくるものだし、子どもが近所で住んでくれたり、同居してくれることを望む親って多いんじゃないかな。 二世帯住宅なら、同居といってもそう支障はないし、お互いに赤下線 プライバシーを守りながら暮らせるので、メリットの方が大きそうですよね。

それに、親子リレー返済でローンを返していけば、親子の絆というか、関係もいっそう深まっていきそうな気もするなあ・・。 お互いに必要な存在となり、より一層思いやりをもって接することができるんじゃないかな。 とはいえ、親子ってなかなか難しい関係だから、そこまで思い合えるかどうかなんて分かりませんけどね。 ただ家を購入するっていうのは、そう簡単なことではないし、やっぱ協力しあって購入する方が、お互いに不安がなくてメリットも大きいんじゃないでしょうか。

親の方は子どもに合わせた年齢でローンが組めるから、それほど負担のない支払いができるっていうのもありがたいんじゃないかな。 同居って色々と問題も多いかもしれないけど、経済面や、子どもができた時のことを考えると、メリットの方が大きくなるんでしょうね。

親にとっても子どもや孫と同居できるっていうのは、すごく赤下線 シアワセなことだと思いますから・・。


親子リレーローンとは?そのメリットとデメリット

一生の中で最も高い買い物とも言える親子リレーローンだからこそ、少しでも金利を抑えたいという方が殆どだと思います。

ですので、低価格で安心安全の利用者も多いおすすめの銀行をご紹介したいと思います。

まずはネットでも好評のイオン銀行から見ていきましょう。

他のどこよりも金利が安く人気を集めていて、更に、イオンでの買い物をするだけでお得な特典として登録している方だからこそ割引してもらえます。

お金が入った時に利用したい繰上げ返済の手数料もかかりません。

気になる銀行があれば、比較してみましょう。

仮に親子リレーローンを返金している最中に、失業したらその後の返済はどのようにしていけば良いのでしょうか。

何があるか分らないので、把握しておきましょう。

大切なのは焦らずに今の自分の状況を知ることです。

辞めることになった原因は、会社にあるのか自分にあるのか、この理由によって退職した場合の給付金が変わるからです。

会社側の都合であれば、1年間は失業手当が出ますので改めて職場を探しながら、返済をしていけると良いですね。

注意すべきは一度の延滞でも強制的に破綻させれる事もあるので、出来る事から一つ一つ確実にこなしていきましょう。

長年、親子リレーローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。

参考:親子リレーローンとは?メリット・デメリットは?【フラット35審査】

その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。

繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。

繰り上げ返済をすれば、ローン元金を減らす事が可能ですので、返済金そのものを減らす事ができます。

借入額が減るので、月々の返済も楽になります。

繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。

ローンの支払いをしている方の中で借り換えを考えているご家庭もあるかと思います。

借り換えとは、他の銀行の親子リレーローンを組み直す事です。

借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。

ですが、借り換えは誰にでも良い物という訳ではありません。

なぜなら、借り換えに数十万単位の金額がかかるからです。

無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。

借り換えを検討する際はいろんな事も含め返済金額が解るシュミレーションを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。

新築を建てるには予算がないけれども、何とかしたいそういう時は親子リレーローンを中古の物件で検討しましょう。

但し、注意点があるので気をつけましょう。

その一つが新築物件よりも、返済期間が短くなってしまう点です。

その理由として古い物件なので耐久力が劣っている場合が考えられ通常よりも10年ほど早めに求められるケースが多いです。

良い面だけでなく、合わせてデメリットも把握しておかないと反対に一月に支払わなければならない金額が高い場合もあります。

改装して綺麗にしたいという場合には、そのお金も合わせてどれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。

何年か後に、夢のマイホームを建てる計画をしている方は殆どの場合、火災保険の手続きも一緒に行います。

これだけ見積もってもかなりの高額のお金を請求されるのに、わざわざ保険にお金をかけるべきかという方も少なくありません。

かと言って、いつ家事になって家が無くなるかも分りませんし少しでも節約するためといって加入しなければ、住む家がないのにローンを払い続けなければなりません。

何かあっても問題を解決できるように、申込みをしておけばあなただけでなく、ローンを提供した側も助かるのです。

このような理由で、契約を求められるという訳です。

マイホームを購入する際、初めにしなくてはいけないことは現金調達の事でしょう。

一般的には、親子リレーローンで賄う人が多いでしょう。

ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。

支払をする期間はとても長いので銀行側も申請者に何かあった場合の保険として団体信用生命保険の申し込みも進められます。

これは、申請者に何かあって支払が滞ってしまう事になった場合残りのローンが0円になる。

という残された家族にもメリットがある保険です。

家を購入する際、資金の面で大変頼りになるのが親子リレーローンです。

申請する場合は、銀行・信用金庫もしくはネットバンクでも良いです。

ただし、どこに申し込みをしようとも審査があります。

大切な点はどのような職業、勤続年数は何年、年収はいくらか?が主に参考にされます。

さらに、関係なさそうな過去のお金に関するトラブルなども審査基準の判断になりますのでもしも思い当たる節がある場合はまずそちらをきれいに片づけ申請することをおすすめします。

自分の家が欲しいと考えたとき銀行・信用金庫など金融機関で申し込み可能なマイホーム購入時の融資が役立ちます。

だけど、数ある中からどこを選べば良いのか?とても迷ってしまう。

という話もよく聞きます。

選び方の方法として、近場の銀行、信用金庫などでも良いですし不動産屋から紹介されたところやネットバンクなどでも申し込みは出来ます。

だけども、どの場合でも審査があり申込者全員が通る。

という物でもありませんので、注意が必要です。

親子リレーローンを完済出来ていない状況で離婚することになった場合、残りのお金は誰が支払うべきなのでしょうか。

とりわけ未成年の子供がいる家庭はローン以外にも、養育費や慰謝料といった別のお金も発生する場合があります。

最初に名義人は誰なのかと細かな契約内容を把握して、後で問題が起こらないよう夫婦でしっかり話し合いをしましょう。

家を売ってお金にするという方法もありますが、売る価格よりもローンの方が上回ってしまうと、夫もしくは妻がその残高を支払う責任があります。

よく話し合ってお互いが後悔のない選択をしましょう。


Copyright (C) 住宅ローン親子リレー返済ガイド【親子リレーローンとは?】 All Rights Reserved